top of page

サンゴは生きてる!


南国・石垣島の海と聞けばどんな風景が思い起こされるのでしょうか?

エメラルドブルーの透き通った海。白い砂浜に信じられないくらい青い海。でしょうか?

そのどれもが正解で、本州では見ることのできない景色を見ることができます。


実はこの景色もサンゴが作り出してくれた賜物です。

石垣島も島の多くがサンゴでできているし、白い砂浜もサンゴの欠片たちです。


皆さんもサンゴは知ってはいても、生き物だということまで知っている人は意外と少ないです。


サンゴは満月の夜に産卵します。

特に春先はサンゴが産卵した翌日には、卵の腐ったような独特な匂いが海辺で感じられます。

その卵から長い年月をかけて皆さんのイメージのサンゴに成長していくのです。

サンゴは種類にもよりますが、年に1cm程度しか成長できません。


サンゴ礁で泳ぐ時はサンゴにぶつからないように気をつけてくださいね!

何気なく折ってしまった3cmのサンゴは、サンゴにとっては3年復活にかかるのですから・・・・

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page