top of page

厄介な台風!でも来てもらわないと困る!?


7月に入るといつ台風が来てもおかしくない季節です。

石垣島周辺は、台風ができるとすぐ影響が出る場所なので、住んでいる私たちは熱帯低気圧の卵の時から、これは台風になるかな?と天気図を見ています。


フォトウェディングに関しても、普段はスコールや雨を予測して撮影するのが得意な私たちも台風が来てしますとお手上げです・・・

そんな私たちの仕事も無くしてしまう厄介な台風ですが、実は来ないと来ないで大変なことになってしまいます。


①水の確保

台風は大量の雨をもたらします。その雨は、島々に水の恵を与えてくれます。

台風がしばらく来ない年は水不足になることも・・・


②サンゴを守る

石垣島でも数年前に特に問題になりましたが、多くのサンゴが死滅してしまいました。

これは海水温の上昇によるものです。

サンゴの生息に適した水温は25~29℃t。 サンゴの体内には、褐虫藻という単細胞の藻類が生息して光合成を行っていますが、海水温が2℃高くなるだけで、この褐虫藻が死滅することにより色が抜けます。

これがサンゴの白化現象です。この状態が続くとサンゴが完全に死滅してしまいます。

台風が来てくれると海の中の水がかき混ぜられます。下の冷たい海水と上の暑い海水が混ざるので、サンゴが住む海域の海水温が下がってくれます。

石垣島周辺の豊かなサンゴは台風のおかげなのです。


③海の掃除、綺麗な海。

ビーチで撮影していて思うのは、台風の後の海が一番綺麗。

台風の前と後とでは、海の青さが変わります。

海をかき混ぜて海の掃除もしてくれているんですね。

台風の後の海を狙ってフォトウェディングのご予約をするのはできないですが・・・

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page