top of page

夏のフォトウェディングで注意すること。


暑い暑い夏が続いています。石垣島の夏は11月まで続きますので、まだまだ始まったばかりです。

夏の石垣島の海はより青く綺麗です。ぜひこの夏の間に石垣島に来て、この海を味わって欲しいですね。そして、この夏にフォトウェディングを考えているお二人。最高のロケーションですが、暑い夏では気をつけてほしいことをお伝えします。


①水分補給は忘れず

夏のビーチはまるでサウナのようです。BlueSodaでは出来るだけビーチは30分以内には終えられるように撮影をしますが、それでも暑い。撮影前と撮影後は必ず水分補給をして、辛い時は撮影途中でも水分補給は必ず行いましょう!


②日焼け止めは顔だけじゃなく体にも

石垣島の日差しはとんでもなく強いです。東京と比べると紫外線は7倍にもなるそうです。

日焼け止めは必須ですが、流石に夏の石垣島で日焼け止めを持ってこない方はいないかと思いますが、ポイントがあります。

体にもしっかりと塗ることです。よくあるのが、デコルテにあまり塗ることを忘れていて、ドレスチェンジで着替えた時に、くっきりドレス日焼け痕がついてしまっていることがあります。デコルテラインもしっかりケアしましょう。


③日焼け止めは男もしっかり!

よくあるのが新郎は日焼け止めをあえてしない人がいらっしゃいます。せっかく石垣島に来たのだから日焼けしたい!と。

でも新郎も日焼け止めは必ずしてください!特に長い撮影だと、途中から顔が赤くなってしまって、酔っ払いみたいになってしまうのです・・・


④新郎は肌着を忘れずに。

シャツの下に着る肌着をBlueSodaもお願いしておりますが、それには理由があります。

シャツを着るだけだと肌着はなくても着ることはできます。ただ新郎はタキシードなどジャケットを着たり、着なくても暑い中衣装を着ると必ず汗をかきます。

そうなってくると、肌着を着ていないとシャツが体に張り付いて、かなり格好悪いことになってしまうのです。

なので、肌着は必ず持ってきてくださいね。



閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page