top of page

天気予報は見なくていい。その理由は?


石垣島に行く日が決まったら気になるのが天気予報ですよね。

2週間以上前から天気予報とにらめっこしている人もいるはず。


でも、BlueSodaに連絡くれる人に必ず言っていることがあります。

「天気予報は見るだけ損」


ちなみに住んでいる私たちは週間予報はまず見ません。明日の天気予報ですら参考にする程度です。

なぜなら・・・当たらないからです。


①スコールが多い

石垣島は亜熱帯の南国の島です。

普段から局所的に強い雨が突然降る「スコール」が多いです。

これは夏だけでなく、年中ですね。

なので、どんなに晴れ予報でも突然雨が降り出します。


②島の場所によっても天気が変わる

天気予報では、石垣島として天気予報が出ますが、島の北側、南側、西側、東側によっても天気が変わります。

これは石垣島の真ん中に、沖縄県で一番高い於茂登岳があることと、近くにジャングルの西表島があることが影響しています。

一概に石垣島の天気は判断できないんですよね・・・


③1日中晴れる。1日中雨。は少ない。

どんな天気予報でも、1日中晴れることや、またずっと雨が降り続けることが少ないです。

なので、どんな天気予報でもどうなるかはその時にならないとわからないのです。


④台風の時は天気予報見る

台風の進路だけは天気予報を見て判断します。

どこに進むのか、これにより対応が変わってくるからです。



ウェディングフォトで来られる方は特に天気予報は気になっているはず。

BlueSodaのフォトグラファーは豊富な経験と知識で、場所を選んでいくので、どんな天気でも、これまで1枚も撮れなかったことはありません。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page